日本の魚介

LINK

 四方を意味に囲まれている日本では魚介類が重要な食料でした。
 漁法も発達して、多くの魚を一度に収獲することができるようになりました。世界的に漁獲量は減少しています。近年、中国が魚を食べることに目覚めて、猛烈な勢いで魚を消費しています。かつてはマグロは日本が消費量世界1位でしたが、今では中国に抜かれています。
 このため海産資源を守るために様々な活動がおこなわれていて、国単位で様々な制限を課しています。
 しかし、お隣の人々がこのルールを守るはずもありません・・。
 現在注目をされているのが蓄養技術です。蓄養とは海面を使って魚を養殖する技術です。まぐろは既にオーストラリアで実用化されています。生態が謎に包まれていたうなぎも卵からの人口孵化、養殖技術が確立しようとしています。

サイパンイベント