日本の魚介

アコウ・キンメ

 アコウもキンメも、その下にタイという名をつけて呼んでいるが、アコウダイ、キンメダイというと、なにかタイに近い高級魚のような錯覚におちいる。これらはタイとはおよそ縁遠い魚でありながら、皮目が赤いというだけで、タイに擬せられるのだから、魚の世界も油断がならない。
キンメ アコウ

 アコウはフカカサゴ科、キンメはキンメダイ科の深海に住む根魚である。
 アコウとキンメは、それぞれ科目もちがえは味もちがう魚である。寒い冬日をうけた魚屋の店で、赤い色をした惣菜魚といえば、このどちらかの魚であって、双方とも寒い季節にとれる深海魚であるということだけが共通した点である。

 アコウは赤魚の意であるというが、阿侯とも書く。太平洋岸ばかりでなく、裏日本でもとれる。寒い季節に東京へ入るのは相模湾のものが多い。二百メートル以上の深海にすみ、釣りあげると圧力の急変で、胃が口内に反転したり、眼玉が飛び出したりする。眠が抜けるのでアコウの額をメヌケというが、バラメヌケ、サンゴメヌケ、コオジンメヌケなどの種類がある。
 アコウの肉は白にやや赤味がさし、釣りたてのものは刺身にもなる。生食の味はタイに似てクセはないが、煮つけると身がそげてタラに似てくる。そんなことから切身を粕づけにし、タイやタラの代用品として市販している。メヌケ類は南の海ではあまり見かけないが、北日本ではかなりたくさんとれ、季節はずれの初夏のころになって、塩蔵品や粕づけが各地へ出まわることがある。

 キンメダイは、アコウより形の上でタイに近い魚である。眼玉が非常に大きく光っているところから金目の名が出たのであろう。やはり寒い間に味がのり、房州や伊豆の漁港では、これを刺身として出すところがある。肉の軟らかなのが欠点で、チリ鍋、煮つけ、フライ、味噌づけなどにして食べる。

 メダイはイボダイに近い魚で、タイとは名ばかり、外形は黒っぽく、頭の小さいことは、イボダイやマナガツオのような特徴をもっている。大きいのは八キログラムもあって、ちょっとブリに似たところもあるが、やはり百二十メートル前後の深海に遊泳しているので、明るいレンズのような大きい眼玉をもっている。メダイとは目鯛の意味なのであろう。

 漁場が相模灘から大島周辺なので、房州や伊豆地方の港に水揚げさられるものが多く、関西市場では見かけないようである。一、二月の脂がのりきったころが一番うまいが、漁期は四月中ごろまでつづくのである。おもにすしダネや刺身に用いられるが、鮮度のおちたマグロよりは、はるかにうまい。ただしタイに似た味か? とたずねられれば、いや別の方向を示した味であるとこたえねばなるまい。
 寒い季節にとれて、タイという名がついて、眼に特徴のある深海魚三種類をご紹介したわけであるが同じ季節にとれる目の大きなムツも深海魚で、その卵巣は ムツの子″として特に珍重される。
サイパンイベント